ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  不動産売却の第一歩  >  土地の売却時のポイント

土地の売却時のポイント
カテゴリ:不動産売却の第一歩  / 投稿日付:2022/02/10 15:34

~土地の売却時のポイントは~

土地を適正価格で売却するには、価格設定やタイミングなどを気を付けるべき

ポイントが多くあります。

不動産の売却をするときに売主様が知っておくと良いポイントについて解説させていただきます!




★土地売却時の流れを把握しておく


まずは、不動産会社の査定を受けるところから始まります。

一般的に不動産仲介会社に依頼して売却を進める場合査定の依頼を開始できるまでに約1ヶ月~4ヶ月程度かかります。

その後購入希望者が現れれば、価格交渉や売買契約内容のすり合わせなどを行います。


★土地の情報を調べておく

購入希望者とのすり合わせをスムーズに進めるためには、自分が売りたい土地の情報を把握しておくことが大切です。

情報を把握しておくことは買主様とのトラブルを避けることにもつながります。

例えば買主様が家を建てるために買った土地が建物建築不可であったり、隣の土地との境界があいまいだったりする場合などです。



★土地の売却費用を把握しておく

土地売却の費用には住民票や印鑑証明書などを用紙するための「行政書類取り寄せ費用」

仲介を依頼した場合に支払う「仲介手数料」抵当権抹消手続きを司法書士に依頼する場合の

「司法書士報酬」、売買契約書に張り付ける「印紙税」など様々な費用があります。

この他土地売却によって利益が出た場合、「譲渡所得税(および復興特別所得税)や「住民税」が発生します

売却を検討される場合はこのあたりの費用感を予め把握し、売却による予想を立てておくことを推奨します。

ここでご紹介した以外にも様々なポイントがありますが、重要なことは売主様自身が積極的に行動すること、

そして実績があり信頼できる仲介会社を選ぶことです!

弊社では、お客様のご希望に合わせてお力になれるよう心掛けております!

どのようなご相談でもお気軽にセンチュリー21日本住販までお問合せ下さい

ページの上部へ