ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  空き家管理に取り組む意義  >  不動産会社が空家管理に取り組む意義とは

不動産会社が空家管理に取り組む意義とは
カテゴリ:空き家管理に取り組む意義  / 投稿日付:2021/12/26 18:06

不動産業者が空家管理に取り組む意義とは


空き家戸数の増加が止まらない現状において、適切な管理が行われていない空家は、防犯・防災・衛生・景観等の面から地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしかねません。

そこで、安全で魅力ある地域づくりや地域を活性化していくためには、空家対策が不可欠な要素になり、地域の視点で空家対策に取り組む必要性が高まっています!


~空家管理メリット~

空き家の活用と除去に並ぶ地域の空家対策の三本柱の一つであり、安心・安全なまちづくりの為の危険な空家の解消!


地域活性化の為の空家の有効活用に至るまでの間に空家の管理を定着させることが、地域の利益につながります!

~空家を所有している人にとって~

賃貸運用や売買・管理・承継などは、資産活用の大きな関心事であり、空家相談や空家所有者へのアンケート結果においても
【適切な相談相手】となる専門業者を求める声が増加しています!

そこで↓

●不動産業者の役割●

単に空家からの出口部分(賃貸・売却・除去)を担うだけではなく、不動産業者ならでは情報の提供や円滑な財産承継に向けた助言・空家所有者の意向にマッチした適正な管理を行うなど、空家所有者に向けたワンストップのサービスが提供できますし地域や所有者から信頼を得る一つの方法であると同時に、地域の環境を良好に維持し、不動産業者のテリトリーをなる地域が魅力であり続けることによる不動産事業環境の維持・向上効果が期待できます!

近隣の空家情報等ございましたら、センチュリー21日本住販までご連絡下さい!

ページの上部へ