ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  売却・査定依頼

「売却・査定依頼」の記事一覧(8件)

不動産のご売却を迷ってる方へ
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/08/07 11:04




皆様、こんにちは!今日は少し天気いいですね。

早速ですが不動産を売却しようか、迷っていらっしゃる方、たくさんいらっしゃいますよね。

思っている値段で売れるのかな

まだ残債がたくさん残っているけど大丈夫かな

あまり近所には知られたくないな

建物が古いけど売れるのかな

どこの不動産会社に相談したらよいのかわからない

税金はどうなるのか不安

等々様々なお悩みを抱えてしまいますよね。

そんな時は昭和61年創業の弊社にお任せください!

不動産のプロがお客様に寄り添ったアドバイスをさせていただきます。

一括査定でご依頼されると全然見当違いの不動産会社(平均7社くらい)から一斉に電話がかかってきてしまい、

かえって悩みを抱えてしまいます。

現在弊社ではお客様のご負担が少なくなるように仲介手数料をお値引きさせて頂いております。

8月末までのキャンペーンになります。

まずはお気軽に電話、公式LINE、メールにてお問合せくださいませ。

きっと喜んでいただけます。


Century21 日本住販有限会社
京都府京都市南区西九条開ヶ町101-4-2F
tel:075-748-7236
LINE QRコード

水害ハザードマップについて
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/03/06 15:06

~水害ハザードマップについて~

近年多発している大規模な台風や豪雨により、水災害が増えてきています。
不動産取引時においても、水害リスクに係る情報が契約締結時における重要な要素となっていることを受けて、重要事項説明時に
水害ハザードマップにおける、取引の体操物件の所在地を説明することが義務化されています。
これから不動産を探される方はもちろん、現在お住まいの地域を確認することも今後の対応策に役立つと思います。

水害ハザードマップは、地域の水害リスクと水災害時の避難に関する情報(避難場所など)をその地域の住民に提供しているマップです。

水害ハザードマップには3つの種類があります洪水ハザードマップ、雨水出水(内水)ハザードマップ、高潮ハザードマップです。

洪水ハザードマップ・・・大雨によって河川が増水して、堤防が決壊するなどの氾濫が発生した場合に、浸水が想定さ      れる範囲と避難場所を示したマップ。


雨水出水(内水)ハザードマップ・・・大雨の時に下水管や水路からの浸水が想定される範囲とその程度を示したマッ    プ。下水管などの容量オーバーによりマンホールなどからあふれることで発生する水害。


高潮ハザードマップ・・・高潮により浸水が想定される範囲とその浸水の程度を示したマップ。


災害はいつ発生するかわからないため、平常時から有事に備えておくことが不可欠です。
自然災害から身を守るためのハザードマップで対象となる土地がどのような危険性をもっているか、事前にある程度情報を収集することが可能です。

ハザードマップはハザードマップポータルサイト又は市町村ホームページから検索できます。

不動産の売却・購入をお考えの方は、センチュリー21日本住販までお気軽にご相談ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

センチュリー21 日本住販
京都市南区西九条開ヶ町101番地4 2階 TEL075-748-7236

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不動産取引に欠かせない専門家の協力
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/21 12:40

不動産の売買は、取引を円滑に行うために

宅建業者以外にも多くの専門知識を持った方たちの協力を仰ぐ場合があります。

今回は、そんな専門家の紹介や実際に各専門家の方にどんな業務をお願いするのかを紹介します。

【司法書士】
仕事内容:測量及び不動産の表示に関する登記を専門に行う。

売買関連事項:不動産取引では、売買当事者の確認、所有権移転登記の手続きを行います。

【土地家屋調査士】
仕事内容:測量及び不動産の表示に関する登記を専門に行う。

売買関連事項;不動産取引では、土地の測量や、地目の変更、新築時の建物表示登記を行う
       測量士と異なるが、建物登記を行う点で、間違いやすいので注意すること。

【一級・二級・木造建築士】
仕事内容:建築部に関し、設計、工事監理、現状の把握、その他の業務を専門に行う。

売買関連事項:不動産取引では大きく2つのことに分けて関与する。
       1つ目は建物の設計監理に属する事。不動産の立場からは注文建築やリフォームを行う際に関わる事がある。
       もう1つは、フラット35(最長35年間金利を固定する住宅ローン)の適合証明書や耐震基準適合証明書、
       建物状況調査、融資や税金などの必要書類調査の場合。

【保険代理店】
仕事内容:不動産の火災保険・地震保険・顧客の生命保険を専門に取り扱う。

売買関連事項:不動産購入時や賃貸時に火災保険、地震保険の見積もり、申込を依頼する。
       また、住宅ローンの借入時は生命保険の見直しをすることもある。

【不動産鑑定士】
仕事内容:不動産の経済価値に関する鑑定評価を専門に行う。

売買関連事項:相続に関連した不動産を取り扱うときに関与する。
       現時点では、鑑定評価=時価評価と捉えるため、相続をした広い土地(広大地)の時価評価を下げるなど、
       節税対策が必要な時に鑑定評価を利用する。

【弁護士】
仕事内容:訴訟等について依頼者の為に紛争解決に努め、その他の法律事務を行う専門家。

売買関連事項:不動産取引では、相続不動産の取り扱いや任意売却時などで代理人として関与する。

【税理士】
仕事内容:各種税金の申告・申請・税務署類の作成・税務相談など税金にかかる専門家。

売買関連事項:不動産取引時における税金について関与する。
       居住用不動産よりも投資用不動産や相続関連不動産を取り扱うときに関与することが多い。

不動産のとりひきでは、以上のような様々な資格の専門家と協力して一つの取引を行う必要があります。

該当する資格がどのような業務を専門的に行い、その権限はどうなのかを知っておくことで、

必要に応じて各士業の専門性を活かした、安全かつ確実な取引を提供できてこそ、

プロと呼べる不動産業者になりえるのではないでしょうか。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
センチュリー21 日本住販は地域密着の不動産業者として、地域の情報を日々収集しております。
不動産の売却・購入をお考えの方は、センチュリー21日本住販までお気軽にご相談下さい。

センチュリー21日本住販
京都市南区西九条開ヶ町101番地4 2階
TEL0120-830-369

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不動産の種別
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/20 15:05

こんにちは。

日本住販(有)です

さて、今回は不動産の種別についてお話致します。

不動産取引においては土地の現況(地形)と地目が重要となります。

土地の現況を現地にて確認することで、建物の崩壊や傾く可能性を予測することができます。

危険を感じる場合、不動産業者はその土地を調べたり、
地質や地盤の専門家に見てもらうなどのアドバイスを致します。

地目は、農地なら農業委員会の許可や届け出が必要になりますし、宅地と雑種地以外の居住用の土地なら、住宅ローンの
融資を申請する場合、地目を宅地や雑種地に変更するよう求められる場合があります。

地形・地目について代表的なものを下記にてご紹介します。

※地形(形質)

【谷底平野】
周辺を山に囲まれており、小川や水路が多く見られる平坦な地形のことを言います。
この地形は、豪雨や長時間の雨によって洪水災害に見舞われる可能性が高くなります。

【丘陵・段丘・台地】
周辺よりも高く盛り上がった地形。よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位が深いため水はけも良く住宅に適した地形。
緑辺部はがけ崩れなどを起こすことがある。

【扇状地】
山地から平野部への出口で、扇状に広がる平坦な地形。水はけも良く支持力があるため、建築の地盤としては適切だが、もともと土石流の流出口にあたるので災害には注意が必要。

【傾斜地・がけ地】
傾斜およびがけとなっている地形。現在は安定していても、盛土をするとそのバランスから再びすべることがある。また豪雨などにも注意が必要。

【埋立地】
過去に海などであった所を埋めて使えるようにした地形。どのような埋立地でも液状化現象が発生するリスクはある。

【造成地】
過去に山や傾斜地などであった所を切り開いて宅地とした地形。凹凸な地盤に土を盛ることを盛土というが、
その盛土でつくられた造成地は、十分に地盤が固まるまで沈下することがあり、建物が傾く可能性があります。

※地目の種別
宅地:建物の敷地及びその維持もしくは効用果たすために必要な土地。
   不動産取引の中では最も出てくる地目で、取引上ではあまり問題を生じさせない。

田 :農耕地で用水を利用して耕作する土地。
   不動産取引の際には農業委員会に届け出もしくは許可が必要となるためその手続きで2週間
   ほどみておく必要がある。


畑: 農耕地で用水を利用しないで耕作する土地。
   不動産取引の際には田と同じく手続きに時間がかかる。

山林:耕作の方法によらないで竹木の生育する土地。

原野:耕作の方法によらないで、雑草、かん木類の生育する土地。

雑種地:不動産登記規則や不動産登記事務取扱手続準則では地目は23種類と定められているが、
    うち22種類のどれにも該当しない
場合の地目である。

 以上、不動産の種目についての紹介でした。

ただ、現状不動産の取引現場では、登記簿謄本に記載されている地目と市などから課税されている地目が違っていたりすることも多く、不動産取引を行う場合に確認や注意が必要となります。
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
日本住販(有)は地域密着の不動産業者として、地域の情報を日々収集しております。
不動産の売却・購入をお考えの方は、日本住販(有)までお気軽にご相談ください。

センチュリー21 日本住販
京都市南区西九条開ヶ町101番地4 2階
TEL:0120-830-369 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

土地査定の基本的な流れ
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/17 15:08

土地査定の基本の流れ5

★不動産会社に査定を依頼する

 土地査定では、売主様の事情や条件を考慮したうえで

 (約3ヶ月以内の売却を想定した目安の金額)が算出されます。

 これは土地以外の不動産会社においても同様です。

 査定価格は不動産仲介会社によって異なるため、封数社へ土地査定を依頼し、価格や説明内容を比較しましょう。

 
★査定の訪問日時を決める

 土地査定は、確認事項や調査事項が多いので、一般的には売主様の立ち合いのもとで行われます。

 不動産仲介会社から連絡がきたら、売主様は立ち会える日程を伝え、両者の都合を確認しながら

 土地査定の訪問日を決めましょう。 

 なお土地の基本的な登記情報からおおよそ価格を知りたい場合は、訪問が必要な【簡易査定】を依頼しましょう。

 【売却するが迷っている】【不動産仲介会社との相性が気になる】という方は簡易査定での結果や対応を参考にしてから、

 訪問査定の依頼も可能です。

★現地調査に立ち会う

 訪問による土地査定では、登記情報などの書類では確認できない

 実際の状況を確認します。

 ●境界線の有無
 ●隣地との境界の確認
 ●軒先や樹木などの境界の確認
 ●実測面積の確認
 ●地中の埋没物の有無
 ●供給処理施設(上水道 下水道)の引き込み有無
 ●真の所有者の確認

★土地売却に必要な書類を確認する

 土地の売却で必要となる書類には

 【土地登記簿謄本】や【土地の売買契約書】があります。

 【地積測量図】や【協会確認書】【固定資産納税通知書】等

 どの書類を用意するべきか不動産仲介会社に確認のうえ、売却前に漏れないよう準備しておきましょう。

★査定結果を受け取る

 土地査定の結果は、簡易査定なら1~2日、訪問査定なら

 1週間前後を目安に受け取ることができます。

(不動産仲介会社により異なります)

 不動産仲介会社から査定の結果を受け取る際は、査定価格だけでなく、【なぜその価格になるのか】

 具体的な価格の根拠を確認してください。
 査定価格は不動産仲介会社により異なるケースが多いです。

 査定価格の根拠を確認することで、査定の妥当や担当者の力量を比較できます。

 担当者とのやり取りを通じて対応の丁寧さも比較できるので、最終的な不動産仲介会社選びにも役立ちます。

 査定・買取・売却ご相談は弊社へお問い合わせ下さい! 

抵当権抹消とは?
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/15 14:43

抵当権抹消とは?

こんにちは!日本住販(有)です!

今回は抵当権抹消についてご説明いたします!

所有している不動産を売却したいのですが、まだ銀行からの借入が残っているのですが、

このような不動産は売れるのでしょうか?

問題ありません。

現在ローンを払っていながらも売却はできます。

現在支払っているローンはどのように返済していくのでしょうか?

その場合、現在お持ちの不動産には、銀行からの抵当権がついていますので、借りたローンを返済して、抵当権を魔性していく必要

があります。

所有している不動産を売却した資金でのご返済 または、お持ちの資金からの返済どちらでも構いません。

基本的に不動産を購入するときに銀行からは融資をうけたのですが銀行は融資をする際に不動産を担保とします。

万が一借り入れがされた方がローンの返済が出来ない場合、担保にした不動産を競売にかけ売却し、債権を回収するためです。

抵当権を設定した場合、抵当権者は他の無担保債権者に優先的に債権の回収できるそのような権利のことを抵当権といいます。

確かに融資を受けた時に自分の不動産にも抵当権設定で銀行の名前が記載されていました。

多くの金融機関は融資をする際に抵当権設定を求めますので、この抵当権を外さないとけないですよね?

前の所有者が借りた抵当権付物件は買わないですよね。

不動産を売却する際、次の購入者を引渡しをする際に抵当権を抹消しなければならないのです。

また新たに不動産を購入する方に対して銀行などの金融機関は、前所有者の抵当権を外すことを条件に融資しています。

抵当権はどうすれば外れるでしょうか?

ローンの返済の一括繰り上げ返済を行うことによって銀行は抵当権を外してくれます。

借入れをされている方が残債一括返済した際に銀行は抵当権抹消書類を借入者に渡します。

実質的に抵当権抹消の手続きは司法書士に依頼することが多い為、

あまりなじみがないかもしれません。

司法書士にお願いするときに必要な書類はありますか?

全部で6つあります。

①登記済書

②登記原因証明情報

③委任状

④金融機関の資格証明書

⑤抵当権抹消登記申請書

⑥登記事項証明書


以上6つになります。

書類は銀行や法務局で入手できます。

不動産仲介の担当者がいればご相談いただいた方がよろしいですね。

抵当権の抹消費用はどのくらいかかるのでしょうか?

切手代や司法書士に支払う金額を含めると15000円~20000円が相場です。


抵当権の抹消は自分でもできますか?

出来ますが、不動産売却に伴う抵当権の抹消については購入者の登記も絡んできますので、

安心安全スピーディーな取引を行うためにも出来る限りプロの司法書士に依頼することろ

おすすめします。

売却・買取の御相談は弊社へご相談下さい!



不動産買取とは??
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/10 15:16

不動産買取とは??

文字通り不動産業者にご所有されている不動産を買い取ってもらうことです。

不動産業者が買取する目的は数種類ございます。

①転売目的

買い取った不動産を一般のエンドユーザーの方に販売する目的で買い取ることです。
古いお家ですとフルリノベーションして再販売します。
築浅の場合はハウスクリーニングのみで再販売する場合もあり、リフォームが必要ないお家のほうが高く買い取れます。

②収益目的

買い取った不動産をリフォームして賃貸で貸す目的で買取ます。
収益性が重視されますので一般的には買取価格は伸びません。
再建築不可・心理的瑕疵・ゴミ屋敷等々、特殊な物件の場合は転売目的よりの価格が高くなるケースもあります。

③保有目的

買い取った不動産をそのまま保有して社宅として使う、または何年か寝かせてから再販売を行う場合です。例えば、近隣に駅が
出来る契約があり、完成が数年先の場合、買い取ってもすぐに販売せずに駅が出来るまで待ってから販売するという場合もあります。ただ、基本的には短期で販売しないとお金が動かせなくなりますので特殊なケースのみです。
その他、色々なケースで色々な条件が付く事もありますが、大きく分けて以上三種類が不動産を買い取りする場合の種類となります。

お客様が所有されている不動産がどの買取目的なら一番高いか考えて、買取査定をしてもらう不動産業者を決めたほうがいいと思います。

弊社日本住販(有)はすべてのパターンでご対応しておりますのでご安心下さい

京都市内の不動産の買取なら弊社にお任せ下さい!


売却依頼
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/08 15:17

山科区で店舗用土地の売却依頼をいただきました!


最寄駅     京都市東西線 【小野】駅 徒歩8分♪

土地面積    公簿 92.69㎡

現況      更地

価格     1100万円

スーパー・コンビニが近く生活便利地!

詳しくは弊社までお問い合わせ下さいませ!





ページの上部へ