ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  売却・査定依頼  >  土地査定の基本的な流れ

土地査定の基本的な流れ
カテゴリ:売却・査定依頼  / 投稿日付:2022/01/17 15:08

土地査定の基本の流れ5

★不動産会社に査定を依頼する

 土地査定では、売主様の事情や条件を考慮したうえで

 (約3ヶ月以内の売却を想定した目安の金額)が算出されます。

 これは土地以外の不動産会社においても同様です。

 査定価格は不動産仲介会社によって異なるため、封数社へ土地査定を依頼し、価格や説明内容を比較しましょう。

 
★査定の訪問日時を決める

 土地査定は、確認事項や調査事項が多いので、一般的には売主様の立ち合いのもとで行われます。

 不動産仲介会社から連絡がきたら、売主様は立ち会える日程を伝え、両者の都合を確認しながら

 土地査定の訪問日を決めましょう。 

 なお土地の基本的な登記情報からおおよそ価格を知りたい場合は、訪問が必要な【簡易査定】を依頼しましょう。

 【売却するが迷っている】【不動産仲介会社との相性が気になる】という方は簡易査定での結果や対応を参考にしてから、

 訪問査定の依頼も可能です。

★現地調査に立ち会う

 訪問による土地査定では、登記情報などの書類では確認できない

 実際の状況を確認します。

 ●境界線の有無
 ●隣地との境界の確認
 ●軒先や樹木などの境界の確認
 ●実測面積の確認
 ●地中の埋没物の有無
 ●供給処理施設(上水道 下水道)の引き込み有無
 ●真の所有者の確認

★土地売却に必要な書類を確認する

 土地の売却で必要となる書類には

 【土地登記簿謄本】や【土地の売買契約書】があります。

 【地積測量図】や【協会確認書】【固定資産納税通知書】等

 どの書類を用意するべきか不動産仲介会社に確認のうえ、売却前に漏れないよう準備しておきましょう。

★査定結果を受け取る

 土地査定の結果は、簡易査定なら1~2日、訪問査定なら

 1週間前後を目安に受け取ることができます。

(不動産仲介会社により異なります)

 不動産仲介会社から査定の結果を受け取る際は、査定価格だけでなく、【なぜその価格になるのか】

 具体的な価格の根拠を確認してください。
 査定価格は不動産仲介会社により異なるケースが多いです。

 査定価格の根拠を確認することで、査定の妥当や担当者の力量を比較できます。

 担当者とのやり取りを通じて対応の丁寧さも比較できるので、最終的な不動産仲介会社選びにも役立ちます。

 査定・買取・売却ご相談は弊社へお問い合わせ下さい! 

ページの上部へ