ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  不動産相続について  >  不動産相続について

不動産相続について
カテゴリ:不動産相続について  / 投稿日付:2021/12/04 13:00

●不動産相続について●

不動産相続についてお話したいとおもいます。

まず、相続とは、どういう意味でしょうか?

簡単に言うと、亡くなった人の財産をご家族や身近な親戚が受け継ぐことです。

意味は、とても分かりやすいのですが、亡くなった人によって、所有する財産は、様々ですし、ご家族の中の誰が亡くなるかにもよってその受け継ぎ方が変わります。

いろいろなケースが存在することで、整理することも複雑化し難しくなります。

ただ、普段は、あまり身近にないことですので相続が発生してから考えればいいか、うちには関係ないことだとおもいがちです。

しかし、実際に起きている相続のトラブルの75%は、5000万以下の財産で起きています。

自宅が持ち家で亡くなった人の名義であれば、相続対象が自宅だけでもかなりの金額になります。

相続のトラブルは、誰にでも起こりえるお話なのです。

それでは、亡くなった人の財産を相続できるのは、誰がどのくらいなのかを見ていきましょう。

相続が発生した場合、亡くなられた方が遺言書を残されなかった場合民法で規定された法廷相続分を相続することになります。

法廷相続人の相続順位は、第1順位 子 第2順位 直系尊属(父母・祖父母など)第3順位 兄弟姉妹です。法廷相続分は、配偶者がある場合、配偶者と第1順位 子 の場合は2分の1ずつ相続します。

子がいない場合は、配偶者と第2順位 直系尊属(父母・祖父母など)で相続しますが、割合が違って配偶者3分の2 直系尊属3分の1 となります。子も直系尊属もいない場合は、第3順位 兄弟姉妹配偶者での相続になります。その場合の割合は、配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1 となります。

代襲相続といって相続人となるべき人が相続開始前に亡くなっているときは、孫や甥、姪が代わって相続することができます。

しかし、相続財産は、現金のようにきれいに分割できる物ばかりではありません。

不動産はきれいに分けれない代表的な財産です。

あるいは、長い間、親の介護をしてきた立場だと、それまで一切無関係ですごしてきた兄弟姉妹と相続が同額だと、なかなか納得がいくものではありません。

以上のことから相続のトラブルは身近な問題になりえるのです。

そんな相続の心配を少しでも軽減できるよう、不動産相続の問題は早めに解決することをおすすめします。

日本住販では相続に強い専門スタッフも在中しておりますので、安心してお任せ下さい!
不動産相続のご相談は是非日本住販(有)にお任せ下さい!


ページの上部へ