ホーム  >  京都市南区の不動産売却はセンチュリー21日本住販  >  不動産売却 フラット35  >  フラット35って何?

フラット35って何?
カテゴリ:不動産売却 フラット35  / 投稿日付:2021/12/09 16:44

フラット35って何?

住まいの購入などを考え出すと、住宅ローンにも興味を持つ事になると思います。

住宅ローンを調べていくと、必ずと言っていいほど【フラット35】という言葉にぶつかるでしょう。

フラット35は普通の金融機関と住宅金融支援機構という独立行政法人が共同して提供している住宅ローンの商品名です。

ローンの内容はどの金融機関にいっても同じで、申込も金融機関ですることができます。

次にフラット35のメリットとデメリットを説明します。


【メリット】

●返済期間が最長35年間で、その間ずっと固定金利で借りることができます。

●保証料や繰り上げ返済手数料が不要です。

●物件の適合条件を満たせば借り換えや別荘の購入にも使えます。

●一般的な住宅ローンでは必須の【団体信用生命保険】が強制ではないので、保険加入ができない人も申し込みができます。

●金融機関が取り扱っている一般の住宅ローンとの併用が可能です。


【デメリット】

●住宅金融支援機構の基準に適合した物件でないと使えない

●融資事務手数料が必要

●団体信用生命保険の加入は不要だが、反面、万一借り入れ中に死亡したらローンが残ります。

●最短の借入期間が15年以上(60歳以上は10年以上)に決まっている。

メリットデメリットがあるのは当然ですが、デメリットにある【住宅金融支援機構の基準に適合した物件】というのが気になりませんか?

実は、ここが結構大きなポイントなんです。フラット35は物件を選ぶんです。

フラット35の手続きは通常の住宅ローンより少し煩雑です。特に、フラット35を利用しようとする物件が基準に合うかどうか、住宅金融支援機構で定めている技術基準に基づいた物件検査があるのです。

基準の一例をあげると、木造住宅であれば【基礎の地面からの高さを40㎝以上として床下防湿のための工夫をしている】なども見ます。

フラット35の種類でフラット35sというのもあって、こちらは適合基準にエネルギー性や耐震性なども加えてみて、適合すれば金利が低くなる商品です。

フラット35については購入を希望している物件が適合しているかどうが一番のネックになりますので、利用可能かどうかは販売元の不動産会社に確認をしてください。

ローンのご相談・ご要望・ご質問がございましたら、センチュリー21日本住販までいつでもお問合せ下さい
誠心誠意サポートさせていただきます

センチュリー21日本住販QRコードを読み取ってホームページよりお問合せ下さい!

ページの上部へ